鬱の症状と知っておきたい知識で悩みから解放される

起こりやすい事実

こんな症状が出たら鬱の可能性があります

近年、鬱になってしまう方が多い傾向にあります。鬱の症状は様々ですが、どの症状も放置しておくと重度が増してしまいます。今回は、女性の鬱で多く見られる症状を説明したいと思います。 最近では、20代の女性に多いうつ病として、非定型うつ病があげられます。主な症状は、気分の浮き沈みがとても激しかったり、涙が出やすくなったりと、気持ちが不安定になってしまうことが多いです。若い方は多くの悩みがつきものなので、うつ病にもなりやすいと言われています。また、日中は比較的落ち着いているけれど、夜になるにつれて不安になったり、イライラしたりする方も注意が必要です。 もし、普段の自分と何か違うと感じたときは、速やかに病院に行くことをおすすめします。

普通のうつ病と非定型うつ病の違い

非定型うつ病も、うつ病という名前が入っているので症状は同じと考えられがちです。ですが、症状は似ていても、それぞれに特徴がみられる場合が多いです。普通の鬱と非定型鬱は何が違うのかを、覚えておくと良いと思います。 気分的なものでは、普通の鬱では常に気分が沈んでいる状態になります。一方、非定型鬱では、憂鬱な気分になることは多いですが、楽しい状況の中では、気持ちが明るくなります。状況に応じた気分の変化があるので、自分では鬱に気が付きにくいかもしれません。 一番わかりやすいのが、症状が出る時間帯です。普通のうつ病では午前中に調子が悪くなりますが、非定型うつ病は夕方から夜にかけて調子が悪くなります。病院の診断でも調子が悪くなる時間帯を重視して診断する場合が多いので、覚えておくと良いと思います。